読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンににんにくを

うどんにはしょうがを

サマソニのレディへ時に捻挫した話

 サマソニ2日間行ってきた、レディへを観に行った。

 結論から言えば私はクリープを聴けなかったしほとんどまともに見られなかった。

 

 そもそもなぜサマソニに行くことになったかというと恋人がレディへ信者だからである。特にジョニーグリーンウッドを敬愛しており、何かあるたびに彼の名前を挙げている(同等に好きなのはシガーロスのヨンシーらしい)。サマソニ1日目が終わる頃には「レディへ時の体力ために明日は途中から行く」と言い出し、当日に至っては「サカナクションからの4時間、おむつつけた方がよかったか」と言い出した。どうやらレディへのためなら人間もやめられるらしい。

 

 サマソニ2日目は酷く暑かった。私は恋人よりも先に現地入りし、幕張エリアで数バンドをフラフラと見ていた。ご飯を食べになんだかんだ早めに来た恋人と合流し、ぶらぶらと過ごすもののここで第一の問題が発生する。私が日射病になってしまった。これに対し恋人は手厚い介護とともに「レディへで倒れるなよ…倒れるくらいなら今帰ってくれよ…」と必死に訴えかけてくる。私のせいでレディへを見れなくなるのは申し訳ないけどその時点でレディへまで3時間以上あるのに必死すぎだろうと思った。

 時間の経過とともに回復し、快調でサカナクションに向かう。レディへ地蔵、サカナクションファンともみくちゃになりながらライブを楽しみ、次はレディへかとこの時はワクワクしていた。ここまではよかった。本当によかった。

 

 何がよくなかったかというとサカナクションが終わり、ぐいぐいと前に行ってしまったことだ。予想以上に前まで来てしまった。密度がすごかった。酸素が薄かった。呼吸ができない。そう第二の問題は私が過呼吸になりかけたことだ。周りが比較的男性が多かったこともあり、周りが熱気に囲まれ息が苦しくなる+人混み+持病の貧血への心配+恋人に迷惑をかけたくない気持ちでもみくちゃになり私の呼吸は荒くなっていた。考えすぎも原因だと思い、ライブが始まるのを待っていたがなかなか始まらない。そしてそれを恋人に悟られてはいけない。まさに地獄だった。恋人はこの間熱中症を心配してくれたのか私に水を飲むことを勧めた(息苦しいのは察していなかったようだ)。この時そういえば自分はメンヘラだったと思い出した。

 

f:id:death_of_the_dasu:20160822013902j:image

 

 なんだかんだで耐え抜きライブが始まった。正直言って新譜を聞いてないし信者というほど好きなわけでもない。そんな私ですらこれはとんでもないものを見ているぞと理解できるパフォーマンスだった、と思う。

 3曲目か4曲目かだったと思う。恋人が大好きなジョニーグリーンウッドがギターソロを弾き始めた。恋人は私の手を静かに握り涙目になっていた。そのとき心底「彼が幸せそうでよかったな」と思えた。曲が終わり、彼は私に何か囁いてきた。全く聞き取れなかった。聞き返したら「俺具合悪いから外出るわ」と言い彼はスタッフに声をかけ救護テントに運ばれて行った。全く状況が把握できなかった。私はトムヨークの声が鳴り響き、信者がステージを見つめる中一人置き去りにされてしまったのだ。これに気づいたお姉さんがスタッフに声をかけてくれ私は無事脱出することができた。

 結局恋人は脱水症状を起こしていたらしい。まさかの第三の問題はあれだけ水を飲めだの倒れるなら帰れだの言った恋人自身の発病だった。世の中何があるかわからない。その後会場の外で音漏れを聞きながら私はビールを飲み彼はポカリを飲んだ。彼は結局ラスト近くに会場に戻り、私は一人ビールを飲んだ。

 

f:id:death_of_the_dasu:20160822015827j:image

 

 恋人から「今からアンコールだぞ」と連絡が届きそろそろ戻ってみるかなと思った矢先、Let Downのイントロが聴こえてきた。これは急がねばと痺れた足で何とか立ち上がり、歩き出そうとした瞬間、私は痺れた足に耐え切れずその場で倒れた。

 

 こうして私は捻挫した。

 

 その後はと言うと捻挫した足で会場に入り、Let Downを聴き終え携帯を見たら「また具合が悪くなってきたから帰ろう」という恋人からの連絡が届いており、私は会場を後にした。こうして私のサマソニは終わった。

 恋人にクリープやるかもしれないよ?と言っても「クリープは最早クリープが名曲なんじゃなくてレディへのクリープを見た事実をみんなが喜んでいるだけだから聞かなくてもいい」と言い捨てられた。実際のところ悔しさから出たものではなくLet downを観れたから満足だったらしい。

 

 今日一日で感じたことは健康が第一、と言うよりも無理をしてはいけないということだ。小学生みたいな教訓だ。しかし過呼吸を起こしかけたときは本当に恋人が好きなものを見るときは一緒にいてはいけないのかもしれないとまで思えた。まず虚弱体質を治そう。

 そして「なんかすごそう」という感想しか抱くことができないほど一瞬しか見られなかったレディへ、次の機会には本当に絶対にしっかり見届けたい。

正月早々モンストで知人同士が悪口を言っている件

昨年の秋頃、Aさんから「モンストをしているなら手伝ってほしい」とLINEが来た。
Aさんは20代後半で以前私のバイト先でバリバリ働いていた人だ。今はサラリーマンをしている。ポンコツな私がある程度使えるようになったのはこの人のおかげだと言っても過言ではない。Aさんはこの頃モンストを始めたばかりで右も左もわかっていなかった。
この時の私がどれくらいモンストができるかというとそこら辺に転がっている小学生レベルだった。半年程前にハマっていたもののクリアできずに挫折し、すっかりログインしないでいた。そんな私でも初心者のAさんを手伝うことはできた。Aさんはモンストにすっかりのめり込み、あっという間に私のランクに追いつき、技術も私より上達していった。無課金なのにガチャ運もなかなか良かった。私も以前とは違い真面目にモンストをプレイするようになり、マルチ掲示板を駆使し、時にはネットの人々に怒られながらも、運極を作ったり素材集めに没頭したりした。

私がモンストを真面目にやるようになってから1ヶ月もしないうちに、Bがモンストを始めた。
Bは学校で知り合った10代の女の子で、ソシャゲにはまるタイプではなかった。なぜモンストを始めたのかというと、20代後半の彼氏・Cさんが最近モンストを始めたかららしい。Cさんはネットの知人にアドバイスされながらプレイをしているらしく、Bもその輪に参加していた。Bはあっという間にモンストに詳しくなった。私は運枠として度々亀クエを一緒にしたり、B達が適正モンスターを持っていないクエストを手伝ったりした。

12月31日。Bから「イザナミ」戦を一緒にやろうとお誘いがあった。「イザナミ」はモンストの中でも難関ランクを付けられており、初心者お断りのクエストだ。その時、すでに日本酒を何杯もたいらげていた私は酔っ払っており、不安だったもののBとCさんが適正キャラを持っていたこともあり、あれよあれよとクリアできた。
モンストのマルチプレイは1人がホストとなり、スタミナを使い、他の人が援助するという形になっており、交代交代でスタミナを使っていくのがマナーだ(完全に手伝ってもらう時等除く)。私がスタミナを使う順番が来た。しかし3人でプレイしているのでホストプレイヤーは2体適正モンスターを用意しなければいけないが私は1体しか用意できない。そこでAさんに助けを求めた。Aさんは私が思うにこの中で一番モンストがうまい。酔っ払いの私がいながらもあっさりクリアすることができた。
クリア後に、AさんからLINEが来た。内容は「⚪︎⚪︎のモンスターは能力的に下に位置していなければいけない」という趣旨のことだった。Bが使っていたモンスターだ。Aさんは私にも度々このような指摘をしてくれることがあったし、言ってることは間違っていないため、私はアドバイスだと思い受けいれていた。ただそれはAさんと私との間柄だから成り立っていたのかもしれない。よく考えればAさんがBに指摘したってBからしてみれば赤の他人に文句を言われているだけだ。それにAさんは私に伝えただけでBに伝えたかったわけではないと思う。伝えておいてなんて一言も言われていない。しかし、酔っ払っていた私は何も考えずにこの指摘をアドバイスだと思いBに伝えた。Bが参考にしてくれればなと思った。それがいけなかった。

次の日にまた難易度の高いクエスト「クシナダ」に行くことになった。例のごとく私は適正モンスターを2体も持っていない。自分がホストをやる時にまたAさんに手伝ってもらおうとした。するとどうやらCさんが嫌がっているらしい。Bはあの後、Aさんから指摘されたことをCさんに伝えたらしく、Cさんが更にそれをネットの知り合いに伝えたらしい。Cさんとネットの知り合いは「初心者にそんな偉そうなこと言う時点でそいつはたいしてうまくない」と盛り上がり、どうやらAさんは呼びたくないらしいのだ。
しかしこの話、よく考えたらおかしい。そもそも私はAさんにBとCさんが初心者だなんて一言も言っていない、そもそも世間ではAさんだって初心者だろう。この三人がモンストを始めた時期はさほど変わらない。Aさんが初心者であるBをいびるというのは完全に勘違いだ。なぜBが初心者であることを前提にCさんとネットの知り合いとの間で話が弾んでいるのか疑問だ。その理屈でいけば一番悪いのは、AさんにBとCさんが初心者だと説明しなかった私だろう。それに難度の高いクエストに行き、初心者だから許せという話もいささかおかしい気がする。他人のスタミナを使って何を言っているんだ。スタミナの上では初心者だって上級者だって全員平等だ。確かに、超上級者になればスタミナを持て余し、寛容な気持ちになれるだろう。しかし、AさんもBもCさんも私もその段階にはまだまだ到っていない。
結局Cさんと二人でクエストに出たがあっさり負けてしまった。その後Cさんにスタミナを使ってもらい、BとCさんと三人で出たものの負けた。ちなみにCさんはその後ネットの知り合いとプレイしたら勝てたらしい。
私はと言うと、すでにそのクエストをクリア済みのAさんとAさんの同僚に手伝ってもらった。しかしギリギリのところで負けた。勝てる内容だったと思う。戦犯私。その内容と使用モンスターを聞いたCさんは「そのキャラを使って負けるなんてよっぽど下手だ」と言ったらしい。何度も言うが戦犯私。
ここまで読んで貰えたらお気づきだろうが私が入ると負け試合になっている。そう、一番下手なのは誰でもない私だ。CさんはAさんを下手なことにしたいみたいだがどう考えても一番下手なのは私。そして揉め事を起こした発端も説明不足だったり勝手に伝令を行ったりと私。

赤の他人のプレイの雑さを指摘してしまったAさん
指摘をアドバイスだと受け止められなかったB
勘違で一方的に他人を嫌ってしまったCさん
プレイも雑で説明不足、なおかつ指摘を何も考えずそのまま人に伝えた酔っ払いの私
いったい誰がいけなかったんだろうか。
なぜいい大人がゲームを経由して悪口を言っているのか。登場人物の二分の一が二十代後半の男性だぞこれ。

もう次の「クシナダ」戦までに適正キャラである「イザナミ」をもう2体揃えてソロでプレイしたい。ただそしたら破産してしまう気がする。
誰かモンストが上手な人助けてくれ。

ヒメゴトを読んだ(ネタバレあり)

あけましておめでとうございます。私は実家で何をすることもなくダラダラする生活を過ごしております。
さて、そんなこんなで暇を持て余しているため以前から気になっていた「ヒメゴト」を電子書籍大人買いしました。男の娘の方じゃないよ、19歳の制服の方だよ。
ネットサーフィンが大好きなみなさんだったらバナー広告を一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。どうでもいいけど漫画系アプリのあのバナーなんとかならないんですかね、本編の本筋とは関係ない過激なところばかり取り上げる傾向がありますよね。私の本棚の中から取り上げられそうなものを予想しますとなるたるの試験管とか取り上げられそうな気がします。もしくはホラー路線でチキタ★GUGU。あとキーチの介護回あたり。

さて話が逸れましたが「ヒメゴト」、とても面白かったです。あれやこれやと今更私が言うこともないかなと思うんですが非常に熱い。
女の子らしくなりたいボーイッシュな女の子、女装癖のある男の子、売春でお金を稼ぐ清楚系の女の子が中心となる女の子でtheモラトリアムな内容。ヴィレバンで売ってそう、というより売っていた気がする。エロあり百合ありととても健全な内容とは言えませんし登場人物が全員こじらせているのでもやもやもしますが読んだあとに不快感が残らず尚且つ納得もできる内容になっているのは作者の構成力の高さを感じずにはいられない。
しかし一つ気がかりなことがある。それは脇役の祥君のこと。ネタバレを避けてざっくり説明しますと彼は主人公格3人に振り回されまくり人生がめちゃくちゃになります。ただ主人公たちが全面的に悪いわけじゃないけどね。そんな彼が終盤にやらかしてくれるわけですがそれについてお咎めなしで最後に幸せに暮らしてしまう…なんでお前普通に暮らしているんだよ!!!作者が全面的にすっきり終わらせたかった&あまりにも祥君が悲惨だったため幸せにしてあげたんでしょうけどその割にはストーリーを動かすためのトラブルメーカーみたいな役をやらされているしなんだか…なんだか…。

そんなわけで祥君についてモヤモヤは残りますがこの1ページで全て帳消しです。むしろこの1ページのために「ヒメゴト」が存在するといっても過言ではない。
永遠に少女でいたかった女の子が自分の中の10代を成人式に弔う、このロックなシチュエーションにビビっときたら是非一読を。f:id:death_of_the_dasu:20160102045359p:image

中学生の頃ネトウヨだった黒歴史に対する釈明文

私の小学3年生の頃の担任は日教組かぶれのおばあさん先生だった。

どうやらこの担任、戦争で親族(兄弟だった気がするがはっきりと覚えてはいない)を亡くしたとのこと。事情を知ればまあ仕方ないと思えるかもしれないが、教えていた内容はなかなかすごなった。
まず歌えだの歌わなくていいだのと問題になっている君が代。これをこの担任、「君が代天皇のために死ねと言っている歌」と説明。クラス全員に歌わないでほしいと指導。結局クラスメイトのほとんどが歌うこともなく座ったままだった。4年生に学年が上がり、転校生が来て、その転校生だけが歌うという事案があった気がするがうろ覚えである。
次に国旗。ご存知の通り日の丸は日本の歴史の中でもかなり昔から存在する。しかし担任が言うには、「日の丸の赤は戦争で亡くなった人の血、白は戦争で亡くなった人の骨を表す」。
日の丸のルーツを知っていれば、嘘だと分かる話だ。むしろそれ旭日旗で言えよって話でもある。だが小学生の私はそれを信じた。そして「学校で学んだこと」の一つとしてそれを祖父に自慢げに話した。すると私を溺愛し、どんな話でもニコニコ聞く祖父の反応が普段と全く違った。それは嘘だと私に訴えかけた。しかし当時の私としては学校で嘘を教えられるわけがないと思い、なぜ祖父がそれほどまでに怒るのかわからなかった。

この担任がおかしかったことに気づいたのは中学生の頃だ。ネットにどっぷりハマり、ネット右翼に影響を受けていた時期だった。ちょうどその時期、民主党政権に変わりネットで叩かれまくってたり、毎日変態新聞騒動もありと、ネトウヨが元気で、この国のトップは売国奴だらけだと信じてやまなかった。この時、自分の担任は日教組だったと気づくことができた。教育者からして売国奴じゃないかと、心底うんざりした。更に右寄りな思想になった。

この長々とした文章で何が言いたかったかと言うと、日教組の皆さんは日本国民の右傾化を心配するなら過度な自虐教育はやめたほうがいいと思いますよということです。むしろ、「江戸しぐさ」とやらを捏造したりもろもろやらかしてる右寄り教育関係にうんざりした子供が逆に左寄りになってくれるかもしれませんから。

ミスタードーナツ

ミスタードーナツにはわりと思い入れがある。

まず最初に、幼少期、家族3人でよく家の近くミスドに行った思い出がある。
私は小さい頃大の甘党だった(今でも食べる機会が少ないだけ好きではある)。しかしミスドで食べるのはドーナツでは無く、汁そばだった。
家庭の味があっさり気味だった私にとって汁そばはどストライクな味だったらしく、いつもちゅるちゅると食べていた。
とても広い店内で、外国風のデザインだった覚えがある。それが幼少期の私には一種のテーマパークのように感じられ、とても好きな場所だった。
しかし新道沿いにある郊外のミスドは、近隣にあるファミレスには勝てなかったのか、閉店。
ちょっと遠出をすればミスドはそこら中にあったものの家の近くのミスドはなくなってしまったため、当然足も遠のく。私にとって汁そばとはめったに食べられない存在になってしまったのだ。
その後、家の近くにジャスコができる。なんと、そこには懐かしきミスドが出店されていた。しかしそのミスドは小規模なもので、汁そばはメニューに載っていなかったのである。そんなことは私にとってとても許せるものでは無く、私にとってミスドではなかった。
私のミスドに対する情熱は完全に冷めていった。

そんな私がまたミスドにハマりだしたのは中学3年生の頃だった。
当時通っていた塾の近くにミスドがあった。中学3年生といえば受験勉強をしざるを得ない時期。家で勉強ができない典型的な集中力のないタイプの私は度々ミスドに足を運んだ。が、隣接するTSUTAYAで買った漫画をミスドで読む生活を送っていた。受験勉強なんてしなくても入れる高校を志望していたからだ。
そして高校に入学し、ミスド熱が冷めない私は、部活の友達と毎日のようにミスドに通うようになった。ドーナツひとつひとつの値段を覚えられるほど通った。ポイントカードを使いまわし、1000ポイントまで溜まった。1つのドーナツで閉店時間までずっと居座った。今思うと店員にまたあいつらかと思われていただろう。
しかし部活を辞めることでミスドに行く機会もなくなる。その後、ドトールのケーキセットにハマり、受験勉強する時も専らドトールになってしまった。

そして今、久しぶりにミスドに来ている。札幌の郊外のミスドではしゃいでいた私が、東京のミスドで一人でタバコを吸っている。
どうやら今訪れている店舗はコーヒーのおかわりはレジまで行かないともらえないようで、少し恥ずかしい。頼んだのは昔好きだった汁そばと、肉まん。ミスドの肉まんは本当に美味しいので是非一度は食べてみるべき。

長々と何が言いたかったのかというと汁そばは最高だ。

f:id:death_of_the_dasu:20150712193006j:image