読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンににんにくを

うどんにはしょうがを

中学生の頃ネトウヨだった黒歴史に対する釈明文

私の小学3年生の頃の担任は日教組かぶれのおばあさん先生だった。

どうやらこの担任、戦争で親族(兄弟だった気がするがはっきりと覚えてはいない)を亡くしたとのこと。事情を知ればまあ仕方ないと思えるかもしれないが、教えていた内容はなかなかすごなった。
まず歌えだの歌わなくていいだのと問題になっている君が代。これをこの担任、「君が代天皇のために死ねと言っている歌」と説明。クラス全員に歌わないでほしいと指導。結局クラスメイトのほとんどが歌うこともなく座ったままだった。4年生に学年が上がり、転校生が来て、その転校生だけが歌うという事案があった気がするがうろ覚えである。
次に国旗。ご存知の通り日の丸は日本の歴史の中でもかなり昔から存在する。しかし担任が言うには、「日の丸の赤は戦争で亡くなった人の血、白は戦争で亡くなった人の骨を表す」。
日の丸のルーツを知っていれば、嘘だと分かる話だ。むしろそれ旭日旗で言えよって話でもある。だが小学生の私はそれを信じた。そして「学校で学んだこと」の一つとしてそれを祖父に自慢げに話した。すると私を溺愛し、どんな話でもニコニコ聞く祖父の反応が普段と全く違った。それは嘘だと私に訴えかけた。しかし当時の私としては学校で嘘を教えられるわけがないと思い、なぜ祖父がそれほどまでに怒るのかわからなかった。

この担任がおかしかったことに気づいたのは中学生の頃だ。ネットにどっぷりハマり、ネット右翼に影響を受けていた時期だった。ちょうどその時期、民主党政権に変わりネットで叩かれまくってたり、毎日変態新聞騒動もありと、ネトウヨが元気で、この国のトップは売国奴だらけだと信じてやまなかった。この時、自分の担任は日教組だったと気づくことができた。教育者からして売国奴じゃないかと、心底うんざりした。更に右寄りな思想になった。

この長々とした文章で何が言いたかったかと言うと、日教組の皆さんは日本国民の右傾化を心配するなら過度な自虐教育はやめたほうがいいと思いますよということです。むしろ、「江戸しぐさ」とやらを捏造したりもろもろやらかしてる右寄り教育関係にうんざりした子供が逆に左寄りになってくれるかもしれませんから。