読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンににんにくを

うどんにはしょうがを

正月早々モンストで知人同士が悪口を言っている件

昨年の秋頃、Aさんから「モンストをしているなら手伝ってほしい」とLINEが来た。
Aさんは20代後半で以前私のバイト先でバリバリ働いていた人だ。今はサラリーマンをしている。ポンコツな私がある程度使えるようになったのはこの人のおかげだと言っても過言ではない。Aさんはこの頃モンストを始めたばかりで右も左もわかっていなかった。
この時の私がどれくらいモンストができるかというとそこら辺に転がっている小学生レベルだった。半年程前にハマっていたもののクリアできずに挫折し、すっかりログインしないでいた。そんな私でも初心者のAさんを手伝うことはできた。Aさんはモンストにすっかりのめり込み、あっという間に私のランクに追いつき、技術も私より上達していった。無課金なのにガチャ運もなかなか良かった。私も以前とは違い真面目にモンストをプレイするようになり、マルチ掲示板を駆使し、時にはネットの人々に怒られながらも、運極を作ったり素材集めに没頭したりした。

私がモンストを真面目にやるようになってから1ヶ月もしないうちに、Bがモンストを始めた。
Bは学校で知り合った10代の女の子で、ソシャゲにはまるタイプではなかった。なぜモンストを始めたのかというと、20代後半の彼氏・Cさんが最近モンストを始めたかららしい。Cさんはネットの知人にアドバイスされながらプレイをしているらしく、Bもその輪に参加していた。Bはあっという間にモンストに詳しくなった。私は運枠として度々亀クエを一緒にしたり、B達が適正モンスターを持っていないクエストを手伝ったりした。

12月31日。Bから「イザナミ」戦を一緒にやろうとお誘いがあった。「イザナミ」はモンストの中でも難関ランクを付けられており、初心者お断りのクエストだ。その時、すでに日本酒を何杯もたいらげていた私は酔っ払っており、不安だったもののBとCさんが適正キャラを持っていたこともあり、あれよあれよとクリアできた。
モンストのマルチプレイは1人がホストとなり、スタミナを使い、他の人が援助するという形になっており、交代交代でスタミナを使っていくのがマナーだ(完全に手伝ってもらう時等除く)。私がスタミナを使う順番が来た。しかし3人でプレイしているのでホストプレイヤーは2体適正モンスターを用意しなければいけないが私は1体しか用意できない。そこでAさんに助けを求めた。Aさんは私が思うにこの中で一番モンストがうまい。酔っ払いの私がいながらもあっさりクリアすることができた。
クリア後に、AさんからLINEが来た。内容は「⚪︎⚪︎のモンスターは能力的に下に位置していなければいけない」という趣旨のことだった。Bが使っていたモンスターだ。Aさんは私にも度々このような指摘をしてくれることがあったし、言ってることは間違っていないため、私はアドバイスだと思い受けいれていた。ただそれはAさんと私との間柄だから成り立っていたのかもしれない。よく考えればAさんがBに指摘したってBからしてみれば赤の他人に文句を言われているだけだ。それにAさんは私に伝えただけでBに伝えたかったわけではないと思う。伝えておいてなんて一言も言われていない。しかし、酔っ払っていた私は何も考えずにこの指摘をアドバイスだと思いBに伝えた。Bが参考にしてくれればなと思った。それがいけなかった。

次の日にまた難易度の高いクエスト「クシナダ」に行くことになった。例のごとく私は適正モンスターを2体も持っていない。自分がホストをやる時にまたAさんに手伝ってもらおうとした。するとどうやらCさんが嫌がっているらしい。Bはあの後、Aさんから指摘されたことをCさんに伝えたらしく、Cさんが更にそれをネットの知り合いに伝えたらしい。Cさんとネットの知り合いは「初心者にそんな偉そうなこと言う時点でそいつはたいしてうまくない」と盛り上がり、どうやらAさんは呼びたくないらしいのだ。
しかしこの話、よく考えたらおかしい。そもそも私はAさんにBとCさんが初心者だなんて一言も言っていない、そもそも世間ではAさんだって初心者だろう。この三人がモンストを始めた時期はさほど変わらない。Aさんが初心者であるBをいびるというのは完全に勘違いだ。なぜBが初心者であることを前提にCさんとネットの知り合いとの間で話が弾んでいるのか疑問だ。その理屈でいけば一番悪いのは、AさんにBとCさんが初心者だと説明しなかった私だろう。それに難度の高いクエストに行き、初心者だから許せという話もいささかおかしい気がする。他人のスタミナを使って何を言っているんだ。スタミナの上では初心者だって上級者だって全員平等だ。確かに、超上級者になればスタミナを持て余し、寛容な気持ちになれるだろう。しかし、AさんもBもCさんも私もその段階にはまだまだ到っていない。
結局Cさんと二人でクエストに出たがあっさり負けてしまった。その後Cさんにスタミナを使ってもらい、BとCさんと三人で出たものの負けた。ちなみにCさんはその後ネットの知り合いとプレイしたら勝てたらしい。
私はと言うと、すでにそのクエストをクリア済みのAさんとAさんの同僚に手伝ってもらった。しかしギリギリのところで負けた。勝てる内容だったと思う。戦犯私。その内容と使用モンスターを聞いたCさんは「そのキャラを使って負けるなんてよっぽど下手だ」と言ったらしい。何度も言うが戦犯私。
ここまで読んで貰えたらお気づきだろうが私が入ると負け試合になっている。そう、一番下手なのは誰でもない私だ。CさんはAさんを下手なことにしたいみたいだがどう考えても一番下手なのは私。そして揉め事を起こした発端も説明不足だったり勝手に伝令を行ったりと私。

赤の他人のプレイの雑さを指摘してしまったAさん
指摘をアドバイスだと受け止められなかったB
勘違で一方的に他人を嫌ってしまったCさん
プレイも雑で説明不足、なおかつ指摘を何も考えずそのまま人に伝えた酔っ払いの私
いったい誰がいけなかったんだろうか。
なぜいい大人がゲームを経由して悪口を言っているのか。登場人物の二分の一が二十代後半の男性だぞこれ。

もう次の「クシナダ」戦までに適正キャラである「イザナミ」をもう2体揃えてソロでプレイしたい。ただそしたら破産してしまう気がする。
誰かモンストが上手な人助けてくれ。